SAI
中日輪船商事株式会社

会社沿革

1915年
(大正4年4月4日)
合資会社泉興利商行として神戸市(中央区)の現本社所在地にて発足。欧米貿易に従事する。
1945年
(昭和20年6月)
戦火のため一時業務を停止する。
1949年
(昭和24年7月)
中日輪船商事株式会社 旧社屋
中日輪船商事株式会社 旧社屋
中日輪船興業株式会社の名称にて再発足する。
初代社長として佐井重和が就任し、主として中国塗料(株)、関西ペイント(株)社製船舶用塗料の販売をはじめる。
1952年
(昭和27年8月)
業務を拡大し、ディーゼルエンジン、プロペラ及び陸舶用機械類の販売を始める。
1955年
(昭和30年3月)
貿易部が発足。海外船主との取引をはじめる。
1967年
(昭和42年9月)
会社を分離し、中日輪船商事(株)と中日興産(株)の2社を設立する。
1967年
(昭和42年9月)
坂出営業所を開設する。
1973年
(昭和48年12月)
現本社所在地に中興ビルを完成する。
1985年
(昭和60年8月)
代表取締役社長に佐井裕正が就任する。
1990年
(平成2年4月)
坂出営業所が支店に昇格。
1995年
(平成7年6月)
常温亜鉛メッキZ.R.C.の取り扱いをはじめる。
1997年
(平成9年11月)
中国の造船所に対し設備機器の輸出取り扱いをはじめる。
1998年
(平成10年4月)
中国の造船所に対し船舶用機器の輸出取り扱いをはじめる。
2004年
(平成16年7月)
坂出支店業務効率化を図り、宇多津町(宇多津駅前)に移転する。(現:四国支店)

2006年

(平成18年8月)

海外子会社として船興利貿易(大連)有限公司を設立する。
2010年
(平成22年9月)
創業の地に安田不動産株式会社との共同事業による新社屋が完成
2015年
(平成27年4月)

創業100周年を迎える。

(平成27年6月)大阪市中央区に新事業準備室を開設する。

2016年

(平成28年4月)

子会社として株式会社ワザアリコンサルティングを設立する。

 

  Copyright(C)2015 The China& Japan Marine Industries Ltd. All Rights Reserved.